Pocket

青汁画像

現在青汁を飲んでいる人は、なぜ飲もうと思ったのでしょうか?
もちろん、健康であったりダイエット、あるいは美容などいろんな理由で飲み始めた人もたくさんいるでしょう。

ただ、必ずしも全ての人が、自分の意思で積極的に飲み始めたのではないと思います。
むしろ、最初はあまり乗り気ではなく、友人や家族から勧められて仕方なく飲んでみたという人も少なくないでしょう。

しかし、実際に飲んでみたことで、思ったより味の方も悪くなく、これなら飲み続けることができると思って、本格的に飲み始めたという人も多いのです。
その結果、美容やダイエットに効果があることを知り、健康面にも良い影響を与えることから、今でも愛用しているという人もいたりするのです。

このように、ちょっとしたことがきっかけで青汁を飲み始めるケースもありますし、まして今の時代はネット社会ですから、たまたまインターネットで青汁の広告に興味を持って、試しに飲んでみたという人もたくさんいたりするわけです。

味はイマイチでも青汁なら色々なリスクの軽減が可能

青汁を飲むことによって、いろんなリスクを軽減させることができるのです。
だからこそ、たとえ味の方はイマイチだったとしても、多くの人が積極的に飲んでいるわけです。

例えば、生活習慣病に関してはかなりの人が陥るリスクがあるわけです。
食生活の乱れや、運動不足やストレスなどによって、様々な病気を引き起こす可能性があるのです。
特に、ガンや心筋梗塞や脳卒中など、命に関わる重大な病気を発症するリスクも高まるのです。

でも、青汁を飲んで生活習慣病の対策を行うことでのリスクを軽減させることができるわけです。
食物繊維やビタミンをしっかりと補うことができるので、血液をサラサラにしてコレステロールの上昇を防ぐことで、病気の発症を抑える効果に期待できるのです。

また、青汁は健康面だけでなく、老化や肌トラブルのリスクを少なくする効果もあるのです。
代謝を良くして老廃物をしっかりと輩出してくれるので、それによって血行が促進されるので、美容を維持することができるわけです。

ちなみに、代謝が良くなるということは、体内の余計な脂肪も溜まりにくくなるので、ダイエットにも効果があるのです。
したがって、健康や美容はもちろんですが、痩せたいと思っている人にとっても、青汁は大いに活用することができるのです。

これだけの効果があるからこそ、たくさんの人が青汁を愛用しているわけですし、お金を出してでも飲むだけの価値があるのです。

自分に合った青汁を選ぶポイントとは

体のことを考えて青汁を飲むのはとてもいいことだと思います。
ただ、青汁といっても種類はたくさんありますし、もちろん、メーカーや製品会社も数多く存在しています。
したがって、どの青汁を飲むのかをまずは考える必要があり、自分の目的に合ったものを選ぶのが望ましいわけです。

まずは、自分がどういった目的で青汁を飲むのか、そこから考えるようにしましょう。
恐らく多くの人は、健康のための飲むことになるでしょうが、その場合は栄養成分が豊富な製品を選ぶといいでしょう。

ただ、最近では美容のために青汁を飲む人も多いので、そちらを重視するのであれば、綺麗になれる成分が豊富に含まれたものを選ぶのがいいです。
他にも、ダイエットであったり、便秘解消を目的に飲む人もいるので、その場合も同じように成分には注目するようにしましょう。

さて、もし自分の目的にぴったりの青汁を見つけることができたとしても、それが自分の口や体質に合うとは限らないわけです。
やはり、人によって飲みやすいものと、そうでないものもあるでしょうから、自分との相性が合わないとどうしようもないのです。

そのため、もしお試し購入ができるのであれば、試しにそれで飲んでみて、もし自分に合うと思ったのであれば、本格的に飲んでいけばいいかと思います。
もし自分の体質に向かないと思ったのであれば、別のものを検討するといいでしょう。

もちろん、他にも商品価格であったり、知名度の有無などを基準にしながら選ぶ人もいるでしょう。
いろんな情報を参考にしながら青汁を探してみるといいかもしれません。

もっとも、青汁は健康食品であり、決して医薬品ではありませんから、気軽に飲んでみることができるのです。
なので、あまり考えすぎたり悩みすぎるよりも、とりあえず実際に飲んで確かめてみることが重要だと言えます。
結局のところ、飲んでみないと分からないわけですから、ある程度調べたのであれば実戦するに限るのです。

青汁を原材料で選ぶ

青汁ってどんな原料が含まれているの?そんな方のために青汁に含まれる原材料と
その原材料の効果や効能などの役立つ情報をまとめました。

ケールを含む青汁一覧

ケールは青汁の原料の一つで、栄養価が非常に高い野菜の一つです。私たちが普段口にするキャベツやブロッコリーは、ケールが品種改良されてできた物でもあります。

ケールは独特の味がありますが、ルテイン、ビタミン、カルシウムなどを多く含み、眼精疲労、疲労回復に効果的です。

さらに、最近では脂肪燃焼の促進作用や、血糖値の上昇を抑える働きもあることが分かり、糖尿病やその他の生活習慣病の治療に対しても有効な野菜です。

酵素青汁111選セサミンプラス

原材料
モリンガ末、ケール粉末、植物発酵エキス末(黒糖、葉菜類、果実類、根菜類、イモ類、野草類、キノコ類、海藻類など)、ゴマエキス末、スピルリナ、ボタンボウフウ末、日本山人参末、明日葉末、結晶セルロース、 ビタミンC、グルコン酸亜鉛、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、ビタミンB1、葉酸 [原材料の一部にバナナ、大豆、ゴマを含む]
青汁サラダ

原材料
大麦若葉末、難消化性デキストリン、桑葉末、焼煎大麦粉、抹茶末、カンダバー末 (かんしょ葉茎末)、酵母 (亜鉛含有)、アヤムラサキ羊末、かぼちゃ末、緑茶(国産)、パセリ末、しょうが末、さとうきびパガス粉末、濃縮りんご、モロヘイヤ末、青大豆末、ボタンボ ウフウ(長命草)粉末、明日葉末、玉ねぎ、グルコマンナン、乳酸菌末、えごま葉末、ケール末、ごま若葉末、穀物翅 (大麦、米粉、紫黒米、小豆、黒大豆)、ナンノクロロプシス末/未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリ酸鉄、増粘剤 (グァーガム)、カロテノイド、(ー部に大豆・ごま・りんごを含む)
青汁三昧

原材料
還元麦芽糖水飴 難消化性デキストリン 大麦若葉粉末 ゴーヤー粉末 ケール ビタミンC ナイアシン パントテン酸Ca 甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物) ビタミンB6 ビタミンB2 ビタミンB1 葉酸 ビタミンB12
青汁満菜

原材料
大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、有機抹茶粉末、アガベ・イヌリン(食物繊維)、フラクトオリゴ糖、有機緑茶粉末、ボタンボウフウ粉末(長命草【沖縄県産】)、発酵黒生姜粉末、有機ケール粉末、有機桑葉粉末、ほうれん草粉末、有機モロヘイヤ粉末、有機ゴーヤ粉末、クロレラ粉末、有機はと麦若葉粉末、有機明日葉粉末、ぶどう発酵抽出物、有機ゴマ若葉粉末、レッドクローバーエキス粉末、ギャバ含有米胚芽抽出物、有機キダチアロエエキス、ビタミンC、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンD、葉酸
粉末青汁

原材料
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
本搾り青汁ベーシック

原材料
ケール(国内産)、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、植物性ツイントース(オリゴ糖)

大麦若葉を含む青汁一覧

大麦若葉は、イネ科の植物で青臭さなどの癖があまりないため、摂取しやすい青汁の原料の一つです。

食物繊維、ミネラル、ビタミンが豊富で、人間が生きる上で必要な栄養素を多く含むとも言われています。そのため、栄養バランスがよく、抗酸化作用、ダイエット効果、整腸作用まである万能植物です。

特に抗酸化作用は老化防止や細胞活性化など、年齢や老化が気になる方にはアンチエイジング効果も期待できます。

極みの青汁

原材料
大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン
青汁サラダ

原材料
大麦若葉末、難消化性デキストリン、桑葉末、焼煎大麦粉、抹茶末、カンダバー末 (かんしょ葉茎末)、酵母 (亜鉛含有)、アヤムラサキ羊末、かぼちゃ末、緑茶(国産)、パセリ末、しょうが末、さとうきびパガス粉末、濃縮りんご、モロヘイヤ末、青大豆末、ボタンボ ウフウ(長命草)粉末、明日葉末、玉ねぎ、グルコマンナン、乳酸菌末、えごま葉末、ケール 末、ごま若葉末、穀物翅 (大麦、米粉、紫黒米、小豆、黒大豆)、ナンノクロロプシス末/未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリ酸鉄、増粘剤 (グァーガム)、カロテノイド、(ー部に大豆・ごま・りんごを含む)
青汁三昧

原材料
還元麦芽糖水飴 難消化性デキストリン 大麦若葉粉末 ゴーヤー粉末 ケール ビタミンC ナイアシン パントテン酸Ca 甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物) ビタミンB6 ビタミンB2 ビタミンB1 葉酸 ビタミンB12
青汁満菜

原材料
大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、有機抹茶粉末、アガベ・イヌリン(食物繊維)、フラクトオリゴ糖、有機緑茶粉末、ボタンボウフウ粉末(長命草【沖縄県産】)、発酵黒生姜粉末、有機ケール粉末、有機桑葉粉末、ほうれん草粉末、有機モロヘイヤ粉末、有機ゴーヤ粉末、クロレラ粉末、有機はと麦若葉粉末、有機明日葉粉末、ぶどう発酵抽出物、有機ゴマ若葉粉末、レッドクローバーエキス粉末、ギャバ含有米胚芽抽出物、有機キダチアロエエキス、ビタミンC、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンD、葉酸
美力青汁beauty

原材料
大麦若葉粉末、難消化性デキストリン、ブドウ糖、オリゴ糖、 デキストリン、フィッシュコラーゲン、ビタミンC、抹茶粉末、ローズフレーバー、セラミド、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸
粉末青汁

原材料
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
すっきりフルーツ青汁

原材料
還元麦芽糖水飴、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、乳糖、デキストリン、明日葉粉末、マンゴー果汁パウダー、抹茶、植物発酵物乾燥粉末、いちご果汁パウダー、アカシア食物繊維、アセロラパウダー、グァガム、イナゴ豆抽出物、藍藻抽出物(ブルーグリーンアルジー)、アカメガシワエキス末、有胞子性乳酸菌、乳酸菌(死菌)、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、フルーツ野菜エキス、茶抽出物、豆乳末、ザクロ抽出物、パイナップル果実抽出物/香料、β-カロテン、シクロデキストリン、(一部に乳成分・大豆・オレンジ・リンゴ・バナナ・キウイフルーツ・ゴマ・カシューナッツを含む)

明日葉を含む青汁一覧

明日葉には、健康維持に欠かせない多くの栄養素が含まれています。明日葉に豊富に含まれるカリウムは、体内の老廃物や塩分を上手に排泄して、腎臓にも優しいとも言われています。

老廃物を排泄するため、さらに血圧のコントロール、むくみ解消なども期待できます。

女性にとってうれしいダイエット効果も高く、老廃物の排泄から肥満解消にもつながります。食物繊維も豊富なため、便秘気味の方には便秘解消効果もあります。

極みの青汁

原材料
大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン
酵素青汁111選セサミンプラス

原材料
モリンガ末、ケール粉末、植物発酵エキス末(黒糖、葉菜類、果実類、根菜類、イモ類、野草類、キノコ類、海藻類など)、ゴマエキス末、スピルリナ、ボタンボウフウ末、日本山人参末、明日葉末、結晶セルロース、 ビタミンC、グルコン酸亜鉛、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、ビタミンB1、葉酸 [原材料の一部にバナナ、大豆、ゴマを含む]
青汁サラダ

原材料
大麦若葉末、難消化性デキストリン、桑葉末、焼煎大麦粉、抹茶末、カンダバー末 (かんしょ葉茎末)、酵母 (亜鉛含有)、アヤムラサキ羊末、かぼちゃ末、緑茶(国産)、パセリ末、しょうが末、さとうきびパガス粉末、濃縮りんご、モロヘイヤ末、青大豆末、ボタンボ ウフウ(長命草)粉末、明日葉末、玉ねぎ、グルコマンナン、乳酸菌末、えごま葉末、ケール 末、ごま若葉末、穀物翅 (大麦、米粉、紫黒米、小豆、黒大豆)、ナンノクロロプシス末/未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリ酸鉄、増粘剤 (グァーガム)、カロテノイド、(ー部に大豆・ごま・りんごを含む)
青汁満菜

原材料
大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、有機抹茶粉末、アガベ・イヌリン(食物繊維)、フラクトオリゴ糖、有機緑茶粉末、ボタンボウフウ粉末(長命草【沖縄県産】)、発酵黒生姜粉末、有機ケール粉末、有機桑葉粉末、ほうれん草粉末、有機モロヘイヤ粉末、有機ゴーヤ粉末、クロレラ粉末、有機はと麦若葉粉末、有機明日葉粉末、ぶどう発酵抽出物、有機ゴマ若葉粉末、レッドクローバーエキス粉末、ギャバ含有米胚芽抽出物、有機キダチアロエエキス、ビタミンC、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンD、葉酸
粉末青汁

原材料
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
すっきりフルーツ青汁

原材料
還元麦芽糖水飴、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、乳糖、デキストリン、明日葉粉末、マンゴー果汁パウダー、抹茶、植物発酵物乾燥粉末、いちご果汁パウダー、アカシア食物繊維、アセロラパウダー、グァガム、イナゴ豆抽出物、藍藻抽出物(ブルーグリーンアルジー)、アカメガシワエキス末、有胞子性乳酸菌、乳酸菌(死菌)、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、フルーツ野菜エキス、茶抽出物、豆乳末、ザクロ抽出物、パイナップル果実抽出物/香料、β-カロテン、シクロデキストリン、(一部に乳成分・大豆・オレンジ・リンゴ・バナナ・キウイフルーツ・ゴマ・カシューナッツを含む)

クマザサを含む青汁一覧

クマザサは、笹の一種で山間部にも自生している植物です。クマザサには解毒作用が含まれており、薬草として古くから重宝されてきました。

特に細菌の発生や繁殖を抑え、細菌による様々な体の不調に効果があります。

解毒作用から体内の老廃物を排泄する働きも含むと同時に、クマザサに含まれるフラボノイドは抗酸化作用もあるので、風邪をひきにくくなったり、免疫力の低下を防いでくれます。

体の弱い方、病気にかかりやすい方にはお勧めの青汁の原料の一つです。

すっきりフルーツ青汁

原材料
還元麦芽糖水飴、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、乳糖、デキストリン、明日葉粉末、マンゴー果汁パウダー、抹茶、植物発酵物乾燥粉末、いちご果汁パウダー、アカシア食物繊維、アセロラパウダー、グァガム、イナゴ豆抽出物、藍藻抽出物(ブルーグリーンアルジー)、アカメガシワエキス末、有胞子性乳酸菌、乳酸菌(死菌)、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、フルーツ野菜エキス、茶抽出物、豆乳末、ザクロ抽出物、パイナップル果実抽出物/香料、β-カロテン、シクロデキストリン、(一部に乳成分・大豆・オレンジ・リンゴ・バナナ・キウイフルーツ・ゴマ・カシューナッツを含む)

長命草を含む青汁一覧

長命草は、料理や薬草としてその昔から使われてきた植物です。ビタミン類、ミネラル、食物繊維を豊富に含み、ポリフェノールの含有量は他の野菜の数倍とも言われています。

風邪や解熱作用のために使われてきた歴史もあり、非常に高い抗酸化作用があるため、インフルエンザなどの予防効果も期待できます。

血流の改善効果もあるため、細胞を若々しく保つことが出来、老化防止にもつながります。血流改善から、女性にとってうれしい美肌効果、デトックス効果も期待できます。

青汁サラダ

原材料
大麦若葉末、難消化性デキストリン、桑葉末、焼煎大麦粉、抹茶末、カンダバー末 (かんしょ葉茎末)、酵母 (亜鉛含有)、アヤムラサキ羊末、かぼちゃ末、緑茶(国産)、パセリ末、しょうが末、さとうきびパガス粉末、濃縮りんご、モロヘイヤ末、青大豆末、ボタンボ ウフウ(長命草)粉末、明日葉末、玉ねぎ、グルコマンナン、乳酸菌末、えごま葉末、ケール 末、ごま若葉末、穀物翅 (大麦、米粉、紫黒米、小豆、黒大豆)、ナンノクロロプシス末/未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリ酸鉄、増粘剤 (グァーガム)、カロテノイド、(ー部に大豆・ごま・りんごを含む)
青汁満菜

原材料
大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、有機抹茶粉末、アガベ・イヌリン(食物繊維)、フラクトオリゴ糖、有機緑茶粉末、ボタンボウフウ粉末(長命草【沖縄県産】)、発酵黒生姜粉末、有機ケール粉末、有機桑葉粉末、ほうれん草粉末、有機モロヘイヤ粉末、有機ゴーヤ粉末、クロレラ粉末、有機はと麦若葉粉末、有機明日葉粉末、ぶどう発酵抽出物、有機ゴマ若葉粉末、レッドクローバーエキス粉末、ギャバ含有米胚芽抽出物、有機キダチアロエエキス、ビタミンC、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンD、葉酸

おすすめ青汁の価格をランキング形式で比較してみました。

青汁を飲む理由に『美容のため・健康のため』を挙げる方は多いと思います。
美容、健康に効果が期待できる青汁ですが、毎日続けるものだからこそ価格が気になりますよね。

ここでは青汁の価格を比較。ランキング形式でまとめました。
青汁を価格で選びたい時にぜひ参考にして下さい。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約9円 約8円 1箱15g/30包
粉末青汁

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約15円 約13円 1箱10g/30包
本搾り青汁ベーシック

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約21円 約19円 1箱4.5g/30本
約19円 約17円 1箱4.5g/30本×3
青汁満菜

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約21円 約18円 1箱4.5g/31袋
約19円
1箱4.5g/31袋×2
1箱4.5g/31袋×3
活きた酵素と青汁

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約29円 約23円 1箱5g/31包
青汁三昧

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約30円 約15円 1箱3.3g/60包
約15円 約13円 1箱3.3g/60包×3
青汁サラダ

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約35円 約17円 1箱3.3g/31包
約35円 約28円 1箱3.3g/31包×2
極みの青汁

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約36円 約23円 1箱3.3g/30包
約30円 約32円 1箱3.3g/90包
すっきりフルーツ青汁

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約38円 約7円
(2回目以降約38円)
1箱3g/30包
美力青汁beauty

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約40円 約34円 1箱5g/30包
約33円 1箱5g/30包×3
菜善青汁

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約40円 約28円 1箱3g/60包
青汁みらい

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約52円 約26円
(2回目以降約37円)
1箱3g/30包
約46円 約23円
(2回目以降は約33円)
1箱3g/30包×3
酵素青汁111選セサミンプラス

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約55円/粒 約49円/粒 1袋60粒
約46円/粒 約42円/粒 1袋60粒×3
約44円/粒 約39円/粒 1袋60粒×6
桑の葉青汁

通常価格の
グラムあたりの
単価
定期価格の
グラムあたりの
単価
容量
約72円 1箱2g/15包
約54円 約18円 1箱2g/60包

どういったタイミングで青汁を飲めばいいのか

青汁というのは、ただ飲めばいいというわけではなく、より効果の得られるタイミングで飲むことが重要なのです。
それによって、短期間で美容や健康効果を実感できるでしょうし、余計な出費を抑えることができるのです。

さて、どういったタイミングで青汁を飲むかですが、まず健康面を1番の目的としているのであれば、朝の時間に飲むのが望ましいです。
起床してすぐは、栄養を吸収しやすい状態になっていますから、ビタミンや食物繊維などの栄養をしっかりと取り込むことができるのです。

できれば時間をかけながら飲むのが望ましいですが、朝は仕事の準備で忙しい人も多いでしょう。
ただ、それでも一気に飲んでしまうと、胃に負担をかけてしまうことになるので、2回か3回に分けながら飲むのが望ましいです。

次に、ダイエットを目的としている場合は、食事の前に飲むのがベターだと言えます。
青汁を飲むことによって、食べ過ぎを防止する効果もありますし、血糖値の上昇も防いでくれるのです。
他にも、代謝が良くなるので脂肪が溜まりにくくなるので、太らない体を維持することができるわけです。

そして、便秘状態を解消したいと思っているのであれば、就寝の30分前ぐらいに飲むようにしましょう。
消化をよくするので朝になったら便が出やすい状態になるのです。
ただ、最初のうちは腸が活発に動くことから、少し眠れない気分になってしまうかもしれないので、その場合は飲む時間を早めるといいでしょう。

以上が、青汁を飲むタイミングの一例となっていますが、もちろん毎日のように同じ時間に飲めないという人も多いでしょう。
どうしても仕事の都合であったり、用事や付き合いなどで飲むタイミングがずれてしまうこともあるわけです。

あくまで大事なことは、毎日欠かさずに飲み続けることですから、それさえ守れていればそこまでタイミングに関しては意識しすぎる必要もないでしょう。

青汁の味が苦手なのであれば

青汁が健康にいいと分かっていても、どうしても味が苦手で飲めないという人もいるかもしれません。
その場合は、少しでも美味しく飲めるようにアレンジしてみるといいでしょう。

例えば、はちみつを青汁に入れることによって、苦味が大幅に緩和されるので、非常に飲みやすい状態になります。
また、牛乳を入れることでまろやかになって、抹茶ミルクのような感じになりますから、こちらもかなり美味しく飲むことができます。

他にも、ヨーグルトや果物のすり身、さらにはパンケーキのように料理として活用する方法もあります。
いずれにしても、自分が飲みやすいように色々と工夫をしてみて、飽きないようにアレンジしてみるといいでしょう。

ただし、あまりに青汁以外の物をたくさん入れてしまうと、糖分やカロリーが多くなってしまう可能性もあるので、あくまで苦味を緩和する程度に入れるようにしましょう。
そして、もちろんそのまま飲むことができれば、それが1番いいでしょうから、少しずつ慣らしていくといいかもしれません。

青汁を料理に使って美味しく食べる

青汁というのは、大半の人が苦味を感じるでしょうし、毎日継続して飲むのは厳しいという人も少なくないでしょう。
それで挫折をしてしまっては何の意味もありませんから、何とかして飲み続けられるよう工夫をしてみるといいでしょう。

特にオススメなのは、普段の料理に青汁を使うという方法があります。
例えば、スープであったり味噌汁などに使用すれば、あまり苦さを感じずに飲むことができると思います。

また、卵焼きや焼き飯などに青汁の粉末を加えたりすれば、他の具材や調味料で苦さを緩和してくれますから、美味しく食べることができるでしょう。

料理だけでなく、他のフルーツと一緒にミキサーにかければ、フルーツジュースのような感覚で飲むことができるはずです。
ビタミンもしっかりと摂取できるので、一石二鳥だと言えるわけです。

自分なりに色々とアレンジをしてみて、特に合いそうな料理や飲み方を見つけたのであれば、それをメインにして続けていくといいでしょう。
ある程度慣れてくれば、あまりアレンジをしなくても飲めるようになるかもしれませんし、最終的にはそのまま飲めるようになるかもしれません。

注意すべき点としては、青汁をアレジンしたり工夫したりするのはいいのですが、それによって糖分の過剰摂取やカロリーオーバーにならないよう気を付けないといけません。

青汁を飲む時には注意すべきこともある

青汁は健康食品となっているので、医薬品のように大きな制約があるわけではありません。
ただ、それでもいくつか注意すべきこともありますし、それを守った上で飲むようにしましょう。

まず、青汁はビタミンAやカリウムがかなり多く含まれています。
それらは、健康に良い効果をもたらしてくれるのですが、一方で腎臓の機能が低下している人が摂取すると、体内に溜まり込んでしまう可能性があるのです。
また、人工透析をしているような人も、同じように排出機能が弱っていますから、青汁を飲むのは控えた方がいいでしょう。

次に、普段から薬を飲んでいる人に関しては、種類によっては青汁を飲むことがマイナスになってしまう可能性があります。
例えば、薬の効果を打ち消してしまったり、副作用を増大させてしまうリスクもあるので、事前に医師に相談するのが望ましいです。

そして、甲状腺に何らかの異常を持っている人は、ケール青汁を飲むとホルモンが合成しづらくなってしまうので注意が必要です。
他にも、妊婦の人や生理中の人なども、青汁の種類によっては何らかの影響を与えてしまう可能性もあるのです。

あとは、これは全ての人に当てはまることですが、青汁を過剰に摂取しても効果が大きくなるわけではないので、必ず用量を守るようにしましょう。
また、アレルギーを持っている人は、含まれている成分にも十分に注意しなければなりません。

こういった注意事項は、何も青汁だけに限ったことではなく、どういった健康食品にも当てはまることなのです。
健康のために摂取しているはずが、使用方法を間違えたことで逆に健康を悪化させてしまっては元も子もありませんから。

いずれにしても、まずは青汁のことを色々と調べてみて、基本的な知識と情報だけでも収集しておくといいでしょう。
それをしておくだけでも、正しい方法でしっかりと効果をもたらしてくれる飲み方ができるのです。

どちらのタイプの青汁がいいのか

青汁と言えば、コップに注いでドリンクとして飲むイメージが強いと思います。
ただ、最近はサプリメントタイプの青汁も増えてきており、そちらを愛用する人もたくさんいます。
では、一体どちらのタイプの方がいいのでしょうか?

まずサプリメントタイプの青汁ですが、1番のメリットは非常に飲みやすいということです。
どうしても青汁というのは苦味を感じますし、それが原因で飲み続けるのが難しいという人も多いです。

でも、サプリメントなら水で流し込むだけですから、味をほとんど感じることがないのです。
たとえ苦味を感じたとしても、ほんの一瞬ですから苦にならないわけです。

また、サプリメントであれば手軽に摂取することができます。
ドリンクタイプだと、コップに入れて粉末を溶かさないといけませんし、苦味を緩和させるのであれば牛乳やはちみつなどを入れないといけないので、どうしても手間がかかってしまいます。

他にも、持ち運びができるという利点もあるため、飲み忘れてしまった時やお昼の野菜不足を解消する目的でも利用することができるのです。

一方でドリンクタイプのメリットですが、こちらはサプリメントと違って添加物がほとんど含まれていません。
また、サプリメントの場合は製造過程で、どうしてもいくつかの栄養成分を失ってしまうデメリットもあります。
そのため、純粋に青汁の効果をしっかりと得たいのであれば、ドリンクタイプの方が適していると言えます。

このように、どちらのタイプの青汁も、それぞれメリットもあれば欠点もあるわけですから、どちらがいいとは一概には言えないのです。
基本的には自分に合った方を選べばいいでしょうし、両方を試してみるのもいいかもしれません。

結局のところ、青汁の効果を得るために大事となるのは、途中で放棄せず継続して飲み続けることですから、まずはそれを第一に考えてえ選ぶといいでしょう。

最近話題の購入トラブルに注意!

近年、「お試し詐欺」と呼ばれる詐欺被害がネット通販を中心に急増しています。健康食品や化粧品が中心となっていて、被害者の8割が女性という調査結果もあります。この「お試し詐欺」というのは一体どんな詐欺なのでしょうか?

急増しているお試し詐欺、その実態とは?

インターネットで通販をしていると、よく「お試し」「お試し無料」「お試し特価」と書かれた商品に出会います。ついついよく見ずに購入のボタンを押してしまいがちですよね。ですが、ちょっと待ってください。その商品、本当に無料なのでしょうか。

実は、「お試し」と偽って「定期購入」させてしまう手口が増えているのです。無料や無料に近い価格だと思っているからボタンを押したのに、勝手に定期購入にされてしまったらたまりませんよね。結局、想像以上に高価な商品を長期間買わされてしまうことになるのです。

なぜ騙されるの?

優良サイトの通販であれば、このような手口に騙されることはほとんどありません。ですが、詐欺師たちのサイトでは消費者に対して様々な罠を仕掛けてくるのです。

たとえば、「お試し」と大きく書いてある下のほうに、虫眼鏡でも使わないと見えないような小さな文字で「定期購入が条件」と書いたりするのです。他にも、別ページのリンク先に詳しい条件を書いているというケースもあります。詐欺師たちは故意に消費者を騙そうとしているのですね。

解約をしようとして電話がつながらない、既にサイトが消えてしまっている……というのも他の詐欺に見られるパターンと同じです。なかなか消費者が個人で被害を取り戻すのは難しいのです。

詐欺に遭ったらどうすればいい?

このような詐欺を見かけた時は、すぐに消費者センターに連絡をするようにしましょう。また、住んでいる都道府県の警察にサイバー犯罪相談窓口に相談するという方法もあります。

もちろん、一番大切なのは詐欺に遭わないことです。怪しい通販サイトの利用は控え、手軽に買えるからといって安易に決済ボタンを押さないようにしましょう。

上記のトラブルは朝の情報番組、とくダネ!6/14(水)の放送でも紹介されていました。

おすすめのフルーツ青汁一覧

健康に良いから人気があるフルーツ青汁ベスト4の比較
野菜嫌いの子供にもおすすめのこどもフルーツ青汁
フレッシュフルーツ青汁は美容と健康効果が期待できるおすすめ青汁です
飲みやすいので手軽に続ける事ができるめっちゃたっぷりフルーツ青汁
めっちゃ贅沢フルーツ青汁はダイエットに勤しむ女性におすすめです
飲みやすいから気軽に続けられるすっきりフルーツ青汁の魅力

おすすめの青汁一覧

青汁独特の風味が苦手な方におすすめの黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
野菜の栄養素が豊富な飲みごたえ野菜青汁の効果効能
青汁三昧を活用して野菜不足を解消しよう
栄養バランスのとれた青汁サラダで健康生活を手に入れよう
美容効果や健康効果が期待できる青汁みらいの秘密
まずい・苦い青汁は過去の話!飲みやすい酵素青汁111選セサミンプラスで健康維持
飲みやすいから習慣にできる!菜善青汁が人気の理由
美容にこだわる方に特におすすめの美力青汁beautyの特徴とは
栄養成分が豊富な粉末青汁で野菜不足を解消しましょう
健康効果だけじゃない!活きた酵素と青汁なら美容効果も期待できます
健康維持の効果に期待できる極の青汁の特徴とは?
ダイエットに効果的な桑の葉青汁なら無理なくやせることが可能です
口コミで高評価!本搾り青汁ベーシックの人気の秘密
リッチグリーンなら野菜の他に酵素の摂取が可能です
豊富な栄養価が魅力的なユーグレナ・ファーム緑汁
野菜不足を解消したい方におすすめのハッピーマジック
栄養価が高いだけじゃない!飲みやすいステラの贅沢青汁
ダイエットに効果的!GOKURICH(ゴクリッチ)の特徴を解説
毎日の健康維持のために摂取したいえがおの青汁満菜
日々続ける事が大切!おいしい青汁がそれを可能にします
美味しくて健康効果が期待できるお茶村の神仙桑抹茶ゴールド
すっきり爽快青汁(ウマい青汁)を効率よく摂取するために効果を知ろう
口コミから人気に?!ふるさと青汁の特徴をまとめました

青汁の効果・効能について

デトックス効果で老廃物や毒素を排出しよう
ニキビやその跡を青汁で改善させる
冷え症にも青汁が効く
大きな問題となっている生活習慣病の対策を行う
目が疲れている時も青汁が効果的
綺麗な血液を青汁で作ろう
薄毛対策は体内~頭皮の順がベスト
青汁VS花粉症
青汁で本当にバストアップができるのか
青汁の効果実感には個人差がある
青汁の抗酸化物質で体臭解消
青汁はうつ病にも効果をもたらす
青汁はペットが飲んでも大丈夫なのか?
青汁は子供が飲んでも大丈夫?
青汁を飲めば更年期障害の対策にもなる
青汁を飲めば貧血を予防できる
風邪を防ぐために青汁を飲むことについて
飲み過ぎたら青汁で二日酔いを防ぐ
生理中に青汁を飲んでも問題ないのか
青汁+健康管理アプリで健康モニタリング

青汁にはどんなタイプが存在する?

ドリンクタイプの青汁の長所と短所
フリーズドライの青汁も普及しつつある
手間を省きたい人には粒タイプ青汁が一押し
新しいタイプであるゼリー状の青汁について
飲みやすさで選ぶなら粉末タイプ

青汁の成分について

青汁とミドリムシの相違点
青汁は3つの原材料によって支えられている
青汁に含まれない栄養素

青汁を摂取してみよう

妊娠中のカルシウム摂取と方法
青汁と野菜ジュースのどちらがいいのか
青汁との正しい付き合い方
青汁を自分で作って美味しく飲む
青汁の作り置きは非推奨

青汁のお得な情報

残留農薬検査の重要性
青汁が大きな人気を集めている理由は
青汁のスペシャリスト『青汁マイスター』とは?

関連記事