Pocket

野菜不足を解消するもっとも手軽な手段は、青汁の摂取です。商品は粉末状態で届くため賞味期限が長く、また溶く水の量を調節することで好みの濃度に仕上げることが出来ます。

そんな青汁は、二種類が存在することを知っていますか?ひとつは植物性の、皆さんがよくご存じであり真っ先に想像する青汁です。明日葉や桑の葉など、栄養素たっぷりの植物を粉末状に加工します。

もうひとつは『ユーグレナ』です。ユーグレナの和名はミドリムシ。こちらも皆さんご存じの、あのミドリムシです。

ユーグレナは、ミドリ“ムシ”の名前から昆虫と勘違いされる人もいるかもしれませんが、そうではありません。淡水に生息する単細胞生物で、モズクやワカメといった海藻類の仲間です。

海藻類の仲間ではありますが、ユーグレナには海藻類は持ち得ない能力が備わっています。それは光合成です。また動物のように鞭毛運動もこなす、とても風変わりな生物です。

このように植物性・動物性ふたつの性質を兼ね備える生物は、ほかにいません。ユーグレナは世界で唯一の生物であり、また自然素材でもあります。

ユーグレナの優れた点は、その栄養素にあります。ミネラル・ビタミン・DHCほか植物・魚が含有するものは概ねカバーしており、石垣産ユーグレナに限ってはビタミン14種類・ミネラル9種類・アミノ酸18種類・不飽和脂肪酸11種類、さらにユーグレナしか持ち得ない栄養素パラミロンなどと合わせ全59種類を含みます。

植物性とユーグレナ、ふたつの青汁に味の違いは殆どありません。いずれの商品も栄養素の高さだけでなく『継続して飲用できる味』を追及しているため、食事のお供としても便利です。

健康の基本はバランスの取れた食生活、そのなかでも野菜の摂取が要となります。野菜不足の自覚がある人はもちろん、より健康に近づきたい人も是非、青汁を活用して下さい。

スピルリナと青汁ではどのような違いがあるのか

ダイエットによく利用されているスピルリナですが、青汁との違いはどこになあるのでしょうか?
一見すると、スピルリナと青汁は似たようなイメージを持つかもしれませんが、使用されている成分がこの2つは異なるのです。

青汁の場合、主にケールや若葉などの野菜成分によって作られています。
一方でスピルリナの場合は、海や湖に生息している藻によって生成されているのです。

したがって、スピルリナは青汁と同じように食物繊維やミネラルなどが含まれているのですが、ビタミンCの方が含まれていないのです。
しかし一方で、全体的な栄養素は青汁よりも高くなっていることから、ダイエットや免疫力を高める効果に期待できるのです。

したがって、もしも日頃から風邪をよくひいたり、あるいは貧血気味の人などは、スピルリナは非常に活用できる製品なのです。
鉄分が豊富に含まれていることから、強い体を作ることができるわけです。

さらに、スピルリナには腸内環境を整える効果もありますから、便秘の改善にも繋げることができるのです。
もちろん、それによってダイエットにも繋がりますから、とっても痩せやすい体質を作ることが可能となります。

そんなスピルリナを愛用するにあたって、基本的には食事をする前に飲むといいでしょう。
そうすることで腹持ちを高めることができるので、あまりたくさん食べなくても空腹になることを防いでくれるのです。

また、ビタミンCが含まれていないのはデメリットでもあるので、青汁と併用するという方法もあります。
どちらも健康食品なので、同時に使用しても特に問題はありませんから、可能であれば両方を積極的に活用していくといいでしょう。

もちろん、スピルリナにしても青汁にしても、あくまでも栄養を補助することが目的なので、普段の食生活を改善させることも大事ではあります。
ただ、それだけで全てを完璧に満たすことは難しいので、だからこそスピルリナや青汁などの健康食品を活用すればいいのです。

おすすめの青汁の口コミはこちら

関連記事