Pocket

野菜不足は不健康のもとだと言われます。そのため青汁を活用し、健康を目指す人も少なくありません。しかし殆どの人は、飲み始めてからこう思うはずです。「この青汁は、本当に効果があるのだろうか?」

このように青汁を飲みながら効果を疑問視する場合には、日々の体調を記録することをおすすめします。その際に便利なのが、スマートフォンやパソコンで使える『健康管理アプリ』です。

健康管理そのものは、ノートに日々の状態を記録することで可能です。しかし専用アプリを利用すれば、毎日手間なく記録できます。

健康管理アプリの中には、通信対応の機器(体重計ほか)を使用することで、自動的にデータを記録できるものがあります。記録までの流れは、測定>測定機器が記録端末にデータ送信>記録・管理です。

記録は当日のものだけでなく、保存期間を設定することが出来ます。データが蓄積されるほど健康状態がはっきりするため、少なくとも1ヶ月、出来れば半年以上の継続した計測・記録をおすすめします。

また、こうした健康管理アプリの中には、睡眠に関する測定が可能なものもあります。入眠時間はもちろん、どのタイミングでレム睡眠ノンレム睡眠に切り替わったのかも測定が可能です。使い方は使用するアプリにより異なりますが、アプリを起動>枕元などに設置するだけの手軽なタイプが多いです。これらもデータの記録管理が出来るので、長期間の計測・記録をおすすめします。

これらのアプリは、たくさんの種類が公開されています。機能性は紹介ページを閲覧することで概ね把握できますが、利便性は実際に利用してみないとわかりません。お気に入りが見つかるまで、いくつも試してみましょう。

有料アプリを利用する場合は、価格を調べてから導入して下さい。アプリの本体代とは別に、データベース管理費として月額料金が掛かるタイプもあります。

なお体重計をはじめ通信対応機器の中には、管理アプリ付属のものもあります。アプリをあれこれ探すのは手間という場合には、これらをご活用ください。

青汁を飲んで睡眠不足を解消させる

近年は睡眠不足に悩まされている人も多くなってきています。
その原因は色々とありますが、夜遅くまで仕事をしていたり、あるいはテレビやパソコンや携帯を見たりすることで、十分な睡眠が取れていないというケースが非常に多いのです。

遅い時間まで起きていると、体内時計に狂いが生じてしまい、それによって深い睡眠ができなくなってしまうのです。
その結果、夜はあまり眠ることができず、一方で昼間の時間帯に眠気が襲ってきたりするわけです。

睡眠不足に陥ってしまうと、仕事にも影響が出てしまうでしょうし、車の運転で事故を起こすリスクも高まりますし、色々な弊害をもたらしてしまうのです。

そんな睡眠不足を解消させるには、一体どうすればいいのでしょうか?
もちろん、1番いいのは毎日決まった時間に眠るように心がけることでしょう。

しかし、どうしても仕事が忙しい時期や、飲み会などが多い季節になれば、それも難しくなるわけです。
なので、もし決まった時間に眠るのが難しいのであれば、青汁を飲んでみるといいでしょう。

青汁には、メラトニンという成分が多く含まれているのですが、それが深い睡眠を誘う大事な要素となるのです。
本来メラトニンは、睡眠時に分泌される成分なのですが、体内時計が狂ってしまうと分泌量が不足してしまうのです。
それによって睡眠不足に陥ってしまうわけですが、それを青汁で補うことができるのです。

青汁を夕飯前ぐらいに飲めば、ちょうど睡眠時にメラトニンがしっかりと分泌されるようになります。
しかも、ビタミンや食物繊維もたっぷりと含まれているので、それによって体の調子が良くなって、ぐっすりと眠れる状態にしてくれるのです。

したがって、もし睡眠不足に悩んでいるのであれば、青汁を試しに飲んでみるといいでしょう。
どちらにしても健康には良い製品であるわけですから、飲んでみてデメリットになることはないわけです。

おすすめの青汁の口コミはこちら

関連記事