Pocket

現代社会はニオイに対して敏感で、いつしか“スメルハラスメント”なる言葉も登場しました。そのため、体臭管理=社会人のマナーという認識も広まっています。

体臭が軽度であれば、対処は比較的簡単です。また汗っかきなど、原因を物理的に排除(着替えができる)場合も、簡単といえます。しかし、加齢臭をはじめ対処が難しいケースも数多く存在します。

いずれにせよ、体臭の原因は『体内』に潜んでいます。汗臭さであれ、加齢臭であれ、すべての原因は体内環境の乱れです。そのため体内環境を整えれば、においを軽減させることが出来ます。

この際におすすめしたいのが、青汁です。青汁に含まれる栄養素の中には、汗臭さや加齢臭のもとになる成分を抑制するものがあります。飲んで即効においが解消するわけではありませんが、継続して飲用することで効果獲得~持続が可能です。

◎そもそも加齢臭の原因は?
加齢臭の原因は『ノネナール』という物質で、加齢と共に体内で生成されるようになります。この物質は独特の青臭さを持ち、それでいて油臭いという、とんでもない代物です。

ノネナールが増加する原因は『活性酸素』です。活性酸素そのものは悪い物質ではなく、体内に入り込んだ病原菌と戦う性質を持ちます。しかし増加しすぎた活性酸素は、ノネナールはもちろんそれ以外の物質にも悪影響(酸化)を及ぼし、様々なバランスを崩します。

要は、バランスの問題です。ノネナールの増加を抑制するためには、まず活性酸素を抑制しなければなりません。そこで役立つのが、青汁に含まれる栄養素というわけです。

◎汗臭さの原因は?
汗臭さの原因は『皮脂』です。表皮で皮脂と混じり、雑菌が繁殖することで悪臭を発します。汗そのものは、におい成分を殆ど含みません。

皮脂は誰もが分泌するものであり、それ自体は正常です。しかし分泌量が多いと、それに比例して雑菌の繁殖量が増えます。こちらも、やはりバランスの問題です。

皮脂の過剰分泌は、殆どの場合『食生活』に要因があります。食事から摂取した脂肪が体内に蓄積され、その脂肪が最終的に皮脂の過剰分泌に繋がります。

野菜中心の食生活が一番ですが、難しい場合は青汁を活用しましょう。青汁の原材料である大麦若葉・明日葉・ケールには、皮脂の分泌を抑制する効能があります。

◎後頭部だけが臭い原因
所謂ミドル脂臭の原因は『ジアセリル』です。これは、乳酸がブドウ球菌で分解されると生じます。ノネナールよりも性質が悪く、そのにおいは加齢臭を上回ります。

ジアセリルは、抗酸化力を高めることで抑制できます。つまるところ、原因物質が異なるだけで対処法は加齢臭と同じです。継続した青汁摂取で、軽減~解消を図れます。

青汁を飲めば口臭を防ぐこともできる

青汁を飲むことで色々な健康効果を得ることができますが、実は意外な効果もあったりするのです。
それは、口臭を予防するという効果なのですが、一見すると青汁とは関係ないように思えるかもしれません。

もちろん、青汁を飲めば100%完璧に防げるというわけではありませんが、少なくともある程度の改善を見込むことができますし、大きな効果を得られたという人も多いのです。

口臭というのは、食べ物によって生じるのはもちろんですが、ストレスが原因となるケースも少なくありません。
いくら歯磨きをしっかりと行ったり、口臭対策のスプレーを使ったとしても、根本部分から改善させることはできないのです。

では、どうして青汁を飲めば口臭を防ぐことができるのでしょうか。
青汁には、ケールや大麦若葉のような青野菜が使用されているわけですが、その中にクロロフィルという成分が含まれているのです。

そのクロロフィルが、臭いを抑える効果をもたらしてくれるので、それによって口臭を予防することができるというわけです。
しかも、口だけでなく体全体の臭いも抑制することができるため、体臭効果にも期待することができるのです。

また、クロロフィルには殺菌作用も含まれていることから、歯周病の改善にも繋がるのです。
それによって口臭の予防にもなりますし、また歯の健康を維持することも可能となるのです。

あとは、青汁を飲めば腸内環境がよくなるため、体内に老廃物が溜まらないようになります。
それによって便秘の解消にも繋がり、それによって臭いが発生しないようにするわけです。

ですから、根本部分からしっかりと口臭を改善したいと思っているのであれば、青汁を飲むことを是非とも検討してみるといいでしょう。
もちろん、普段の歯磨きをしっかりと行うことや、食生活を見直すことも非常に大事ではありますが、それだけでは解決できないこともあるので、青汁の力を借りるというわけなのです。

おすすめの青汁を比較しています

関連記事