Pocket

近年、流通している青汁の多くは『粉末』または『冷凍』タイプです。いずれも新鮮さを閉じ込める製法で商品加工されており、風味の豊かさを売りにしています。

しかし粉末や冷凍タイプは、飲むために一手間が必要です。作り置きも可能ですが、メーカー各社は衛生面から青汁の作り置きは非推奨としています。

手間なく青汁を取り入れたい場合には、粒タイプを活用しましょう。また粉末タイプや冷凍タイプの風味が苦手な場合にも、こちらがおすすめです。

粒タイプの青汁を購入する際は、粒の大きさを確認しておくと安心です。また、一回に飲む数も確認しておきましょう。粒は小さいけれど数粒飲まなければいけない商品もあれば、粒は大きいけれど一粒で済むものもあります。

これに併せ、原材料の栽培方法(有機かそうでないか)と生産地、さらに添加物の有無を確認しておくとより安心です。また乳酸菌をプラスした商品も増えているので、腸内環境に不安がある場合にはそうした商品もご検討下さい。

ちなみに、青汁を飲むタイミングには決まりはありません。食前・食後はもちろん、間食のついででも大丈夫です。ただし血糖値が高めの人は、食事30分前をおすすめします。このタイミングに青汁を摂取することで、食事中~食後の血糖値上昇を緩やかに出来るためです。

さて、粒タイプの青汁は一見メリットばかりに思えますが、デメリットもあります。商品として完成しているがために、そのまま“飲む”ことしか出来ない点です。

粉末や冷凍タイプの青汁は、牛乳や豆乳で溶くことでジュースのように楽しむことが出来ます。また生野菜とシェイクすることで、腹もちが良いスムージーとしても楽しめます。

さらに、お菓子作りをはじめ料理に取り入れることも容易です。葉酸は熱に弱いため工夫は必要ですが、青汁を意識させないため、野菜嫌いのお子さんに摂取してもらうことも出来ます。

サプリメントの青汁を活用するメリット

一般的に青汁と言えば、ドリンクとして飲むというイメージが強いです。
ただ、近年は錠剤に必要な成分を詰め込んだ、いわゆるサプリメントの青汁も増えてきているのです。

そのため、最近ではそちらを愛用している人も多くなってきており、いずれはこちらが主流になるかもしれません。
では、サプリメントの青汁を活用するメリットは、一体どこにあるのでしょうか?

まず、サプリメントであれば気軽に持ち運ぶことができますから、外出中でも水さえあればいつでも飲むことができるのです。
したがって、飲み忘れてしまった時や、あるいは出張や旅行へ行く時でも、常に摂取することができるわけです。

また、仕事が忙しくて野菜を十分に食べられない時でも、青汁のサプリメントで補うことが可能となります。
野菜ジュースと比べても、カロリーや糖分はほとんど含まれていないので、効率的にビタミンや食物繊維を補えるのです。

次に、サプリメントであればドリンクと違って、非常に飲みやすいと思います。
口に含んでそのまま水と一緒に飲むだけですから、苦味をほとんど感じないわけです。

そして、ドリンクのように手間がかからないのも大きなメリットだと言えます。
わざわざコップに溶かして飲まなくてもいいわけですから、忙しい時間帯でも手軽に摂取することができるのです。

さて、このようにたくさんのメリットがあるサプリメントの青汁ですが、いくつか注意しなければいけないこともあります。
錠剤として固定するために、どうしてもいくつかの添加物を使用することになります。
また、製造過程で熱を加えることになるので、失われてしまう栄養素も多くなってしまうのです。

そのため、栄養面に関してはドリンクタイプに比べると劣ってしまいますから、そこは覚えておかなければなりません。
もし栄養の高さを重視したいのであれば、ドリンクの方を選んだ方がいいかもしれません。

関連記事